保育所が抱える問題に対する国の対策とは


都心部の保育所不足

都市部では保育所の不足が問題となっています。これは待機児童問題として知っている方は多いでしょう。保育所が不足しているだけではなくて、保育士が不足していることも問題視されています。

日本全体では保育所というのは実はそれほど不足しているわけではありません。大部分の地域においては待機児童は少なくなっているのですが、都市部では保育所の需要がとても高いのにもかかわらず供給が足りていないという状態となっており、バランスの悪い状態が続いているのです。そのため、都市部では保育所不足による待機児童問題が起きています。

それでは都市部で保育所を増やせば良いと考える方は多いでしょう。ここで障壁となってしまうのが保育士不足なのです。保育所をいくら増やしたとしても、そこで働く人材を確保することができなければ意味がないのです。そして、保育士不足の問題がなかなか解決できないでいるのです。保育士不足というのは実際には保育士資格を持っているけれども働いていない人が多いという問題となっています。これは待遇が悪いという問題があるからです。保育士として働きたくても給与が低かったり、労働環境が悪くてどんどんやめてしまったりする人が増えています。このようにして待機児童問題がいつまでも続いてしまうのです。